長陽福娘 純米無濾過生原酒 西都の雫

f0173532_857466.jpg久方ぶりのアップになります。今まで仕事では悶々としつつ、晩酌はちょいちょいと開けた1SB2種を軽く楽しんでいた程度です。月末に仕事も一段落(最悪な方向に落ち着いた)したので、ひさしぶりの晩酌です。

この夜は(今日のエントリーは2〜3日前の話です)鳥を焼くということでした。前の日に新しいお酒を何本か買って来たのでその中で一番低精米を選んでみました。長陽福娘 純米無濾過生原酒 西都の雫 精米歩合60%です。

長陽福娘といえば前回本醸造を頂きまして。そのときは「らしく無い」なんてことを書いたと思います。で、今回の西都の雫。旨い!ガッツリ来る!焼き鳥にはコレですかね。元々持っていた長陽福娘のイメージですね。それにしても前回の本醸造とこれほど違うのが何だろう?とも思いますが(笑)。まず酸味がしっかり来ますし、旨味も十分。無駄に甘く無い感じで、後味もスパッと切れます。

これは速醸なんですが、とにかく西都の雫を使ったお酒は今のところはずれがないですね〜。西都の雫、かなりいいかもしれません。(実は旨さが何によるものかよくわかってない)

↓日本酒ブログランキングに登録しています。クリック投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

ブログランキングに加入してみました。こちらもクリックお願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]

by ienomi4 | 2009-04-28 09:10 | 家呑み日記

『マッピー』用ボーダー

<< 美和桜 八反 純吟生原酒 豚しゃぶ鍋で萩の露と睡龍 >>