よく行く酒店さんで新入荷を試飲

昨日は夕方くらいからよく行く酒店さんへお酒を買いに行きました。ちょっといろいろ話があってそれをこなしつつ、途中で蔵の営業さんが来てお話をしたりしてたらたらと長話になり、ちょっと疲れてきたところそういえばいくつか新しいお酒が入ってるので試飲いかがとのうれしいお誘い。「うわぁ、こんなにたくさん。あ、ありがとうございます。」なんて言いながらいくつか呑みながらまたお話を。いやぁどれも作り手のらしさが出てたり、ちょっと意外な感じもあったり様々でおいしかったです。発売前のやつも呑ませて頂いてありがたいですね。

で、そのあといろいろ込み入った話になってきまして。まぁ試飲しながらなんですけども。話が広がってまとまらなくなってきたりもしたんですが、これも日本酒を愛するが故なので仕方が無いことなのでしょう。ちょっと書き留めておくとある蔵元さんが大変なことになってしまい、どうしたものかと。私自身も非常に心配をしています。すばらしいお酒を造る蔵なのでなんとかいい方向にいっていただきたいですね。

とかなんとか言いながらも、長くなって申し訳なかったんですが、ちょっと大事な話もあったりしたので。まぁ試飲しながらなんですけども。

結局閉店まで居座ってしまいました。ていうか閉店時間すぎてましたね。すみません。。。帰り道はなぜだか頭がぐらんぐらんしていました。帰ってから水を1Lぐらいがぶ飲みして寝ました。...あれ?お酒買ってない。
[PR]

# by ienomi4 | 2008-05-21 09:55 | 外呑み

『マッピー』用ボーダー

遊穂、竹鶴純米にごり

f0173532_1254988.jpgブログをはじめたので毎晩晩酌の前に写真を撮る訳です。で、なんかそのことで鼻息が荒くなってる人がいまして。

昨日、私は我が家は基本的に粗食だと自信満々に書きましたが、こともあろうにその次の日に、その鼻息の荒くなった方が圧力鍋で豚さんをがっつり煮込んでくれちゃいました。「こらー!贅沢は敵!ウチは財閥じゃねんだぞ」なんていってみてもいいのかもしれませんが。ま、ということで今日のメインディッシュは豚の角煮です。

冷酒は昨日に引き続き遊穂を。燗酒は竹鶴純米にごり。遊穂無くなっちゃいました。美味しかったです。ありがとう遊穂君、また会う日まで。竹鶴はいいですね、なんてったって安い。コストパフォーマンスにすぐれた食中酒ですね。ホントは肉とかより佃煮とかの方が合うのかな?

P.S.だってなんか「アラッ!写真撮るの?ムフーッ!こりゃなんか美味しいもの作らなきゃだわ〜ん」ってな感じで目が光ってるのが丸分かりなので。しばらくはいいものが食べられそうです。

P.S.2
昨日の夜に村上なんとかさんのカンブリアなんとかを見ました。ゲストははせがわ酒店の社長さん。最早完全に違う視点から見ていた自分がいます。詳しくは後日なにかしら書くつもり。
[PR]

# by ienomi4 | 2008-05-20 12:06 | 家呑み日記

『マッピー』用ボーダー

鯖寿司

f0173532_1244116.jpg今日は日曜日ということもあって昨日に引き続きごちそう。鯖寿司。家は思うところもあって基本的には粗食です。芋、豆、菜が中心で魚が一品あるかないか。肉は鳥か豚がたまーに登場するだけで牛肉は年に数回。というわけで鯖寿司なんで小躍りしてお酒をなににするかいつまでも迷ってしまいました。

で、結局選んだのが燗酒が日置桜伝承強力で、冷酒が遊穂純吟無濾過生山田錦/美山錦。日置桜の伝承強力は今日初めて呑んだんですが(あろうことか買っててずっと忘れてた)そんなに種類も呑んだ事無いくせに、これが燗酒の王道なのかなぁと思わせるような味わい。今まで睡龍の生もと純米が燗酒のベストだったんですがそれに匹敵するぐらい美味しいと思いました。

写真は今宵の晩酌セット。中央奥の小瓶は下総醤油。いざと言うときはコレですよやっぱり。買ってみて初めて分かるこの違い。醤油はいいやつが断然美味しいです。高いですが値段以上のものを約束してくれます。我が家の鯖寿司は恥ずかしながら妻の手作りでして、土鍋で炊いたごはんに京都の千鳥酢、鯖も市場でいいヤツを買ってきます。で、下総醤油と。友人が結構コレを目当てに来たがるんですよ。
[PR]

# by ienomi4 | 2008-05-19 00:41 | 家呑み日記

『マッピー』用ボーダー

いづみ橋 H9BY

f0173532_1232470.jpg今宵はローストビーフ。ということで古酒を開けました。初めてのいづみ橋、平成九年BY。はじめてなのでとりあえずぬる燗で。温度的にはこれでよかったと思います。熟成香は勿論あります。でも意外にすっきりさっぱりしてるのかな。さくさく呑めちゃいます。これはこれで良いですね。でもしばらく放置した方がいいきもするので気長に楽しみましょう。

写真の紹介をせねばなりません。酒器は信楽焼。デパートとかでよく見る古谷信男さんの作です。奥がローストビーフ。私が丹精込めて水をかけただけの三つ葉を大量にトッピング。右にチラッと見えるのが私の宝物、樽冨かまたのお櫃です。土鍋で炊いたご飯をこれに入れて食卓へ。最高のぜいたくです。「樽冨かまた」は日本で最初に樽部門で伝統工芸品指定を受けた(たしかそうだったはず)鎌田勇平さんの作。何度か買い物させていただいてお話も結構したことあるんですが、油断するとすぐに孫の話をはじめる気さくなおじいちゃんです。いつまでも現役でがんばってほしいです。今度は飯切がほしいなぁ。

呑みながらDVDを見ました。「Always 三丁目の夕日」。面白かったです。この映画は歴史背景が描かれていないのでその辺をしっかりと意識しながら見た方がいい気がしました。時は昭和30年代、ほんの10年前に東京大空襲があった同じ街、東京が舞台です。東京大空襲は時のアメリカ政府が計画・実行した組織犯罪で、一晩で10万人以上が殺害された有史上最大規模のジェノサイドです。殺されたのはほとんど民間人。この映画に出てたような普通の人たちです。

...ところで前の日に見たエイリアンvsプレデター2ですが・・・激しくはずれました。なんかナイヨウがナイヨウな気が。
[PR]

# by ienomi4 | 2008-05-18 10:32 | 家呑み日記

『マッピー』用ボーダー

寳剱、魂心の一滴

f0173532_1222031.jpg実は風邪を引いてまして。今回はキツくて一週間ぐらいあんまりお酒を飲めませんでした。ようやく全開に飲めそうになったので今日は寳剱一升瓶をオープン。早速4GB(四合瓶)に詰め替えました。なぜならウチの冷蔵庫は一升瓶が立てて入らないからです。

いずれ関係各位に確認を取っていかなきゃとは思ってるんですが、まだプレオープンなので書いちゃいますと。実はこの寳剱の杜氏さんと飲んだ事がありまして。その時のオススメとしてこれを購入したのです。で、その杜氏さんがとてもいい方。実直で一本気で。なんか人情味だしちゃいますが、一度お酒を酌み交わしてからそのお酒を飲むとやっぱり味わいもまた違うものになりますね。いや、でも贔屓目抜きに美味しかったです。非常に奇麗なお酒です。淡白でやはり危険系にはいるのでしょう。呑みやす過ぎてあっという間に2合。気がつくと手遅れになるパターンです。しかもこの手は弾みがついてしまう。一転グラマラスな味わいの遊穂に手を出してしまいました。でも一杯でまた寳剱に戻る。

おっとっと。今日のメニューはアスパラ炒めと大根の煮物ときゅうりとハムの和え物。我が家の定番、小松菜のみそ汁もいい具合でした。飲み過ぎて肴がなくなり追加したのが昆布巻き。ちょっと多かった。写真は空いた一升瓶と愛用の大型ぐい飲み(湯呑み)と季節なので菖蒲の生け花。ちょっと枯れたので花の部分はカットの方向で。
[PR]

# by ienomi4 | 2008-05-17 00:30 | 家呑み日記

『マッピー』用ボーダー

雁木活性にごり、生もとのどぶ

f0173532_1205238.jpg雁木の活性にごりは買った時に「開けるの3日かかるよ」なんて冗談で言ってて、「あははーその冗談あんまり面白くないー」なんてノリだったんですが、いざ開け始めてみるとちょっと開けては一瞬で吹きそうになってまた締めるの繰り返し。しかも全然収まらないのでそのうちにご飯食べ終わっちゃって。「あぁ、3 日かかるってこういうことかぁ」。で、ほんとに3日目にやっと開きました。感無量。

昨日の晩ご飯はゴーヤの味噌炒めと小松菜のおひたしと椎茸の焼き物を塩とゆずで。椎茸は絶品。香り椎茸味シメジなんて言いますが、どうして味も素晴らしく食感もふわふわ。今日はなんとなくにごりで統一ということでお燗はどぶ。瓶の最後の方なんで結構どろどろ。雁木もどろどろ。雁木はもうプッチプチでそれでいて結構甘い。どぶはあいかわらずの柔らかさとほどよい辛さで好対照でした。ところで前からいつも思ってたんだけど、どぶのラベルのデザインって味の雰囲気とかけ離れてると思ったりします。

お酒の評論って大の苦手で、味の表現も今回書いてみましたが全然うまく書けません。まぁでもなるべくここの更新を続けていって少しずつ感触をつかみたいですね。あと写真か。
[PR]

# by ienomi4 | 2008-05-16 09:37 | 家呑み日記

『マッピー』用ボーダー

最初の投稿

f0173532_11545057.jpgテストがてらの投稿です。いきおいでブログを作ってみました。陶と申します。

2006年の暮れ頃、知り合いから立て続けに日本酒をいただきました。たしか立山の純米大吟「雨晴」と、緑川の期間限定の生と、末広の大吟「玄宰」。今思うとどれも非常に高価な吟醸なんですが、これらを立て続けに呑んで「なんだ?これは?」となりまして。まぁ当然でございますね。「これは私の知ってる日本酒ではない。なんだこの感動は。まるで宝石のよう。ミラクル、そしてアメイジング!」ということですよね、そりゃもう無理も無い話で。

そしてこれもたまたま、近所にいい酒店さんがあるということで、素人丸出しで嬉々として突入した訳です。(この時のことはいずれ回想録として後日書きたいと思っています)

今はペースも落ち着き、家にいる時は毎日晩酌を楽しんでおります。大体一晩2〜3種類ぐらいで合計1〜2合ってところです。家でのストックは冷蔵庫に四合瓶が10〜15本程度、キッチン収納にこれも全て四合瓶で4〜8本。(時々買う一升瓶は四合瓶に入れ替えます。)

買ってきたお酒たちは去年の夏頃から全部写真を撮ってありまして、それらのお酒の紹介であるとか、今日はこんなお酒を楽しんだとか、最近だと外呑みの機会も増えてきたりいろんな会に呼ばれたりだとか・・・。そういったお酒に関わるさまざまなことを気ままにレポートしてみたいな、という気持ちになってブログを始めた次第です。

とりあえず、晩酌のお酒や、たまには酒肴の一品とかの写真を撮ってアップしてみたいと思っています。今持ってるデジカメはしょぼいのでいいやつが欲しくて先日ヨドバシに行きました。狙うはNIKONのD60。これを近いうちにゲットして本格的な更新をスタートさせたいなと、かように考えております。
[PR]

# by ienomi4 | 2008-05-15 12:52 | コラム

『マッピー』用ボーダー