久礼 純米吟醸あらばしり 生 4/4

f0173532_22533528.jpg

シリーズ最後になります。
久礼っていうと、土佐酒の代表みたいな印象で、今回たつなみさんのおすすめで久しぶりに購入。生は初めてでした。

さて食前酒も結構やって(実はお酒に入る前にビールもちょっと飲んでた^^)エンジンかかって来た所で開けました^^いいタイミングで写真の二品が焼き上がりました。北海道から来たデカイほっけ(見切れてる)と、おなじみ椎茸焼きwithすだちです。

まぁ後から思うとこの肴にばっちりって感じじゃないですね^^椎茸にはやおら立ち上がり斬九郎を温めていただきましたし^^(これがまた大好評!)ちょっと反省。

久礼はまずはプチプチ感!そしてあらばしっちゃってます。一口目の感想は「これ、久礼じゃないよ〜ん!」でしたね〜。甘みも若干あってドバドバ感があって、派手に旨味を飛ばしてる感じです。とはいえ食中酒ど真ん中っていう線は外してなくて、宴を盛り上げてくれた旨酒でした!しかしまぁ私の知ってる火入れの久礼とはまるっきり別物だった...気がします。(といっても久礼呑んだの2年ぶりとかだしなぁ〜・・・)これなら中取りだったらなおいいじゃん!と思いました^^久礼だ!っていう先入観が無ければ吟醸香、甘みを抑えたフレッシュな最高の旨酒だと思います。

地味に解説しますと。よく見ると酒瓶のすぐ後ろ、宴もたけなわにも関わらずお皿一セットが手つかず。これは妻の分です。私と客人は既に出来上がっていたにもかかわらず妻はほぼ料理に専念してくれていました。ここに事務的に感謝の念をしたためたいと思います(笑)。まぁでも、この日のお客様は妻の料理の師匠ですしね^^

↓日本酒ブログランキングに登録しています。クリック投票よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
[PR]

by ienomi4 | 2010-10-17 23:15 | 家呑み日記

『マッピー』用ボーダー

<< 町田酒造 特純五百万石55% ... 水尾 特別純米 金紋錦 ひやお... >>